himajinfurafura

暇なのでゲームとか映画とか音楽とかふらふらと書こうかね

日本で一番悪い奴ら

実写とかアニメとか関係なしに映像を眺めていると気が紛れるものです。

個人的にはSF、幻想的な内容はアニメの方がよく表現できると思うし、リアリティを追求したものは実写に限ると思います。

現実にどれだけ則しているかは知りませんが、実写で見るのは刑事ものが多いですね。

この前に書いたBORDERも刑事ものだし。

で、世の中10連休な中、4連休な私が何となく観ている中でちょっと良かったと思えた刑事ものを書いてみようかなと。

2016年の日本映画。

物語は主人公の諸星が柔道の腕を買われて北海道警察から誘いを受け、警官になるところから始まります。

「何人犯人をあげるか」がステータスである部署内で先輩のお茶を汲んだり、調書に真面目に向かいあったりとうだつの上がらない諸星。

彼は部署内のエース村井に促され、検挙数を上げる為にやくざとのつながりを持ち、道を少しずつ踏み外していく・・

 

実際にあった事件を元に描かれている作品なこともあってか、シンプルなネーミング、シンプルなポスターに反して内容は濃厚な印象でした。

そもそも尺が136分と長い。

しかしながら無駄な描写やアクションで尺が妙に引き延ばされている印象はなく、「市民の安全を第一に・・」と言っていた主人公の警官としての道が大きく変わっていく様が細かく描かれています。

ただただ没落していくだけでなく、裏稼業で得た栄華の中で諸星とヤクザに内通したスパイ達との友情も垣間見え、ひどく暗い話になりがちな内容を適度な明るさを維持しているのも好印象でした。

刑事ものと言いましたが、刑事ものと言うよりヤクザものです。

性的描写あり。ライトな刑事ものに飽きたりしているならお勧めです。

 

BORDER

「人は死んだらどこに行くんだろう?」

ちょっと前に見て面白かったなと思ってたんだけど、あれは2014年だったんですな。

いやぁ、時間が経つのはあっという間ですね。

見る時間が少しできたので改めて見てみました。

 

かつて事件が起きた周囲を回っていた際にたまたま犯人を捕まえたことから刑事の石川は事件が起きた際は必ず周囲を回ることを儀式としていた。

元刑事が撃たれた事件に対していつも通り周囲を回っていた石川は怪しい人物をみつける。路地を歩くその人物を追い、声をかけた瞬間、彼の頭に銃弾が撃ち込まれた。

石川は死んだ。

かと思われたが、彼はその弾丸を頭に残しつつも一命を取り留めた。

幸いこれといった障害もなく、退院して復職した石川。

復帰戦は新興宗教に傾倒する家族の一家殺害事件だった。

殺害の現場に赴いた石川は突然の頭痛に襲われる。

頭痛が治まって目を開けると殺害されたはずの夫婦が目の前に立っていた。

「私たちを殺した犯人を捕まえてください」

事件で最も疑われたのは殺害直前にもめていた宗教団体の組員。

しかし亡くなった家族が告白した犯人はほぼ本人たちと接点のなかった近くのマンションに住むフリーターだった。

石川は独自に死んだ家族からの情報と裏の情報屋を使って本物の犯人を追い詰めていく。

 

刑事もののセオリーは「被害者は何故、どうやって殺されてしまったのか」が大体のテーマになりますが、この作品ではそのいずれもすでに分かった上で実際ある証拠からはたどり着けないもしくは落としきれない犯人を追いつめていく刑事の姿を描いています。

1話完結で一つ一つの事件が巧妙に証拠が消されている中、時には証拠を作ろうとしてまで事件を解決しようとする石川は徐々にその手段を選ばなくなっていきます。

正義と悪との境界、生と死との境界。

その境界の瀬戸際で彼は何を選ぶのか。

 

闇の世界で生きる人間とかベタで便利な人たちが少しコミカルな要素にもなっていて全体的にシリアスな設定に安息感が与えられており、良い緩急がついた作品なのかなと。

一般的な刑事ものの「肝」となる部分が分かった状態でストーリーを進展させるのに内容が単調になる訳でもないのはすごいですよね。

個人的には毎回出てくる冒頭に綴ったセリフがとても刺さります。

生きるとは何なのか。死ぬとは何なのか。

職業柄もありますが、いつも悩ましく思うこの問いに、もちろん答えを与えてくれる訳ではありませんが、改めて考えさせてくれる良い作品でした。

 

見る人が見たら後味の悪いドラマの最終回かもしれませんが、そのラストの後を描かれたスペシャル版が2017年に放送されています。

うまくまとめられてはいますが、個人的にはなくても良かったかも。

ワンパンマン

やらなきゃならんことが手に付かず、うっかりぼーっと何かを見ようとしてしまう中で目に入ったのがこれ。

前から少し気になっていたものの某愛と勇気だけが友達のヒーローが頭をよぎって何となく見てはいなかったのですが、昨今別に漫画アプリで読んでいる

と作者が同じらしく見てみることにしたのです。

ちょっと調べてみたら第2期が4月からやるみたいですね。

そんなことは知らなかったのですが、第1期を一気に見通してみました。

 

就職の面接に落ちて失意の帰り道を歩く「サイタマ(主人公)」。

たまたまマジックで乳首を書かれたカニの怪人がそれを書いた少年を襲っているところを助けたことからかつての夢であったヒーロー活動を始めます。

ちなみに趣味です。

「腕立て1日100回」とか「エアコンは使わない」とか「ご飯は三食食べる」など禿げるほどハードなトレーニングを3年ほど続けたところ、ほとんどの怪人を一撃で沈めてしまうほど強くなってしまうのでした。

最初は闘志に燃えていたようですが、あまりに強くなりすぎたせいか、虫をはらうような手軽さで怪人を倒してしまうサイタマは何というか・・パッと見の「ヒーロー感」的なものがなくなりつつも趣味のヒーロー活動を続けていました。

そんなある日。両親の仇を倒すために人体改造を受けたいかにもな設定のサイボーグ「ジェノス」がピンチに陥っていたところを助けて弟子入りを懇願されます。

こういった出会いから無気力な最強の男の日々に少しずつドラマが生まれていくと言ったお話。

 

原作がネット上の漫画らしく、そちらは読んだことないのですが、第1期のテレビシリーズはさほど気になる伏線を残さずに完結しています。(ない訳ではないが)

こういったバトル物の主人公は最初は強くなかったり、元々ある程度の実績はあるもののノビシロを残しているものですが、強さにおいてこのサイタマにノビシロは必要ない

ほどに強いです。

その分、心情面だけにスポットが当てられているかというと日常的な描写も多く、ほっこりする場面もあり、ここぞという時に魅せるサイタマの優しさが「人のあり方」を問いかけているようにも伺えます。

怪人がやられるとスプラッター的なシーンにもなってしまう描写がありますが、それを差し引けば子供にも見てもらいたいような作品でした。

 

第2期も見る気が沸いたら見ようかな。

 

きぐうの島BOSS攻略!

ちょっと前の話ですが、とうとう・・

きぐうの島BOSSステージ攻略しました!

 

ひとまず、きぐうの島ステージの流れを確認しましょう。

先に話を単純化のため、自分のポケモンと同サイズを小型、ボスに当たる大型ポケモンを大型とします。

普通のきぐうの島のステージは

複数の小型(1st)→複数の小型(2nd)→大型(中ボス枠)→大型(ボス枠)

といった流れです。

個人的には最初の2ndで出てくるオニドリルとかが強くて怖い。

それは置いておいて中ボス枠、ボス枠はそれぞれ決まったセットがあって・・

中ボス枠ならたとえばニドキングニドクイン、バタフライ+スピアーといったセットだったり、エレブー、ブーバーなど単体で出てくることがありますが、基本的に1,2体の大型と戦います。

ボス枠はラプラスカモネギ、ガルーラといった1体の大型、エビワラーサワムラールージュラバリヤード、といった2体セットの大型、もしくはリザードンリザード+複数のヒトカゲといった1体の大型+複数の小型といった3パターンに分かれます。フリーザーみたいな伝説のポケモンは1体でここではたまに出てくるんですよね。

 

それに対してBOSSステージは基本的に大型のみが出て来ます。

中ボス枠大型2体→ボス枠大型2体→サンダー+ファイヤー+フリーザー→ミュウツーorミュウツー

といった流れです。

2nd waveまでは小型がいないだけまだ何とかなるんですが、3rd waveで伝説の3ポケモン必ず出るって無理じゃね・・と思っていました。

 

ここで攻略パーティをご紹介。

f:id:himajinfurafura:20190218225053p:plain

先の記事にも紹介しましたエビワラーモンジャラオムナイトを加えた個人的にはちょっと地味めなパーティ。

しかしながら彼らならBOSSステージを6割くらいの勝率で勝てるのです!

え?低くないかって?

そこは・・レベルをご覧いただきたい。

オムナイトはレベル100に到達していますが、モンジャラエビワラーはなんとレベル100に達していない!すなわちパワーストーンをもう一つはめる余地があるのです!

さらに全てのポケモンがレベル100に達していればさらに勝率が上がるでしょう!

たぶんだけどね。

 

1体ずつステータスを見ていただきたいと思います。

f:id:himajinfurafura:20190218225124p:plain

まずエビワラー=インファイターです。先の記事で紹介したインファイトを当てて、あてたダメージで体力を回復します。前に出すぎて死にがちですが、火力は高い!

f:id:himajinfurafura:20190218225142p:plain

「もずく」ことモンジャラです。つるのむちが強いのです。動作時間が短く、射程もまっすぐで長く、連続ダメージを与えられて攻撃力もそこそこ。ダメージによる体力回復も期待できます。相手が小型なら敵を吹き飛ばす力が強くて、敵の技を退けるのにも使えるのですが、大型には効果がありませんでした。それを差し引いてもgoodです。

f:id:himajinfurafura:20190218225150p:plain

冷静にみるとなかなかのクリーチャー、オムスターです。ハイドロポンプで遠距離から強力な攻撃を繰り出します。ハイドロポンプはこのゲームにおいては最も強い技と名高いところですが、発射前に後退し、追尾性の攻撃を複数発射する所は他の技の追随を確かに許さないものでしょう。先にあげた2体は前衛でタイミングが悪いと一気に倒されてしまいますが、彼はハイドロポンプを発射するたびに後方に下がってくれるので敵の強力な技を回避することができ、パーティ残存の要となっています。

 

戦略?

正直言ってこのゲームにおいてプレーヤーができるのは

①タイミング良く技を出すこと

の1択だけだと思います。

敵の攻撃をよけるボタンがありますが、正直言って押してもその直後に敵の攻撃に高速で突っ込んでいったりするかわいい連中なのであまり有効でない気がしています。

つまりタイミング良くインファイトで攻撃をあて、ハイドロポンプで距離を取るのが大事です。つるのむちはある程度近くにいて、方向が合っていれば大体当たるのでそういった使いやすさもgoodですね。

 

BOSSステージは3rd waveの伝説のポケモンたちはやってくることがむちゃくちゃなのでとりあえず、攻める意識で。何とか凌げます。ミュウツーは最初の方に出してくる追尾性の分裂するかめ〇波みたいな奴が体力4500程度だと一発KOです。体力5500のオムナイトも近いとやられます。体力半分以下くらいになると使ってこないみたいなので運よく使ってこない隙に速攻で体力を削っていけば勝てます。前の伝説のポケモンで体力削られすぎた状態で行ったり、タイミングが悪いとパーティ全滅して勝率6割くらいな訳です。

 

まとめますと、「高い攻撃力で先手必勝」ってことです。

戦略とかない(笑)

あえて言うなら攻撃で回復するストーンはちゃんと装備しないと戦いになりません。

他には復活時間の短縮、復活後の体力アップなどは有効な追加アビリティですね。

 

是非初代ポケモン好きにはやってもらいたいですね。

ミュウはまだ倒せていないので倒せたらまた書けたらいいかな。

図鑑は142/150。もう少しだけどなかなか埋まらないのです。

エビワラーとインファイト

むぅ…きぐうの島のBOSSステージがなかなかクリアできない…

100%勝てる訳ではないが12-8まではクリアできるようになったんだけどね。

やっぱり「ハイドロポンプ」が強くて「つるのむち」もなかなか使いやすい技だと分かった昨今ですが、最近みつけた技がこれ。

f:id:himajinfurafura:20190120151126p:plain

初代のポケモンではなかった技だったかと。見た感じはこんな。

f:id:himajinfurafura:20190120153855p:plain

インファイト」と言えばボクシング!ってことでエビワラーに使ってもらいたい!

まぁ、たまたま持ってるの出たんだけどね。

ちなみに技出してもらってるエビワラーのステータスはこんな感じ。
f:id:himajinfurafura:20190120151427p:plain

f:id:himajinfurafura:20190120151808p:plain

上だとクリティカル1発15000ってそんなでもなくね?ってなるんですが、実際ちゃんと当たると・・

f:id:himajinfurafura:20190120154211p:plain

ふえるストーンを使っている状態ですが、もう何発当たっているかわかりません。

この技で12-5ステージ最初のザコキャラを一発で倒せるくらいの火力を発揮します。

 

ただこの技と先にあげた「ハイドロポンプ」、「つるのむち」を軸に12-8を挑んでいいとこ(ラスボスの体力半分くらい)まで行ったんだけどこれだけではダメみたい・・

良いビンゴボーナスを持ってるのも大事なんだろうなぁ・・

 

ちなみに図鑑完成度は141/150。

実はミュウツーとかも手に入れてるんだけどまた気が向いたら書くかなぁ・・

色違いモンジャラ

しばらく書いていなかったけどちまちまとポケモンエストはやっていた訳ですよ。

きぐうの島は12-3までクリアしました!

総攻撃力21000で12-4もボス前まで行ったので運が良ければもうちょい行けそうだけど・・

今回書こうと思ったのは色違いが出たからなんですよ。

そのポケモンってのが・・

f:id:himajinfurafura:20181223105135p:plain

です。

あまり思い入れがないポケモンですね。

確かサファリパークから東の方の草むらとかでよく出てた気が。

捕まえても進化しないし、当時としては草タイプってあまり強くないイメージもあったし、捕まえるだけ捕まえてマサキに預けっぱなしだった気がします。

でもつるのむちが一番似合うのは君しかいないよ?

と話がそれましたが、その色違いがこちらになります。

f:id:himajinfurafura:20181223105444p:plain

うん。ニックネームは「もずく」で決定ですな。

ポケモンエスト中でも結局使えてないのですが、つるのむちを覚えたら使ってみたいですね。

ちなみに今覚えているのは「みがわり」です。

攻撃手段が欲しい・・

 

なお、ポケモン図鑑の達成度は133/150です。

そろそろ伝説のポケモンが欲しい・・

最後の仲間 そして別れ

城に戻ってみると

f:id:himajinfurafura:20181021220039p:plain

王女から的確なツッコミが飛んできました。

f:id:himajinfurafura:20181021220209p:plain

そんなことはお構いなしにヒステリーモードのマリアさん

f:id:himajinfurafura:20181021220246p:plain

結構まともなことを言うレオンハルト

やはりいい奴な気がする。

f:id:himajinfurafura:20181021220332p:plain

ここで予想通りの戦力補充です。

レオンハルトの初期装備は剣に斧とやや好戦的。

さぁ、先に現れた新しい塔、パンデモニウムですが、先と同じように飛空挺では行けず、黄泉の国にあるのがみえているだけとかで・・

地獄の通り道を探さねばならないのですよ。

いろいろ町民に聞いてみるとマップちょうど中央の泉からは入れるとか・・

f:id:himajinfurafura:20181021221007p:plain

泉に触れると地底のジェイドにいざなわれ・・

f:id:himajinfurafura:20181021221038p:plain

その最奥からパンデモニウムに到着するのでした。

f:id:himajinfurafura:20181129234658p:plain

はい。

ちょっと大変だったところは省略して皇帝の前に辿り着きました。

このころのラスボスは講釈が短くていいですね。

いや、本当に強かった。

フリオニールレオンハルトは即死でした。

やっぱり頼りになるのはガイさんですね。

とどめを刺したのはマリアの魔法だったけど・・

で。

f:id:himajinfurafura:20181129234839p:plain

この後「ウボァー」って言ってやられます。

名台詞ですね。3画面くらいで終了です。

さっぱりな印象な皇帝でした。

f:id:himajinfurafura:20181129235837p:plain

城に帰ったら感動に震えるのがみえる王女。

f:id:himajinfurafura:20181129234907p:plain

次の魔王は彼女に決定ですね。

f:id:himajinfurafura:20181129235805p:plain

なんともあざといゴードン。

魔王とお幸せに。
f:id:himajinfurafura:20181129234736p:plain

ようやくまともなヨーゼフの忘れ形見が。

f:id:himajinfurafura:20181129234749p:plain

魔王の臣下に落ちました。

f:id:himajinfurafura:20181129234822p:plain

姉さんは乙女的な雰囲気を残して去って行きました。

今すぐ追いたい。

f:id:himajinfurafura:20181130000701p:plain

かつて幼馴染だったレオンハルトとは最後に共に戦ったとはいえ、ダークナイトだった時の確執がぬぐえないのでしょうか。静かに彼は別れの道を選ぶのでした。

f:id:himajinfurafura:20181129234808p:plain

そして3人は新たな旅に!

初めてプレイアブルキャラクターに名前が付いたFFシリーズのⅡ。

全体的に暗めな印象な作品ですね。結構仲間死ぬし。

細かい脚色加えたら海外ドラマで良い感じのダークファンタジーができるかも?

あえてレオンハルトの視点を主眼にしてみたりとかね。
細かい設定が少ない作品の行間を埋めるように想像を働かせるのは楽しいもんです。

また違う作品をそのうちやりたいな。